第一号議案 2018年度事業報告書

(2018年10月1日から2019年3月31日)

 

 

 

Ⅰ 事業の成果

 

 フードバンク京都は201810月に、念願の特定非営利活動法人になり、半年ではありますが、2019年3月をもって第一期の会計年度を迎えることになりました。

 法人化するまでは、当初、京都駅の南に間借りの事務所を置いて活動をしていましたが、2017年5月に、向日市に専用の事務所を構えて、一層充実した活動を展開してきました。  本年度は、法人化初年度ということもあり、任意団体であった時の活動の積み重ねを土台にして、さまざまな分野からご寄贈いただいた食品と自主農園で生産した野菜などを、社会福祉施設や生活困窮者を支援している団体等への食糧提供をするなど、社員が力を合わせて取り組みました。

 具体的には、第一に複数の福祉施設(母子・児童養護・更正)への定期的な食糧支援です。週1回、お米やパンを届けています。また、複数の子ども食堂への食糧提供もしています。

 第二は、フードドライブの実施です。フードドライブは、家庭で余った食品を持ち寄り、フードバンク京都を通じて必要なところに届けるという取り組みです。任意団体の段階から力を入れて取り組んできましたが、本年度も、スポーツジム・国際ソロプチミスト京都・同志社国際高校生徒会の方々のご協力を得て取り組みました。また、新たに大手スーパーとの協働による取り組みも実現しました。

 第三は、若者たちへの広報活動で、立命館大学において、フードバンク活動や食品ロス問題について、学生のグループディスカッションを実施しました。

 第四は、自主農園での生産活動です。農園は、約0.2ヘクタールの広さがあり、専門家による指導を受けながら、専門のスタッフを中心に、その他スタッフと臨時のボランティアによる活動を展開しています。一年中途切れることなく生産していて、農薬不使用の栽培で、安全・新鮮な野菜を、諸施設に届けています。

 自主農園の生産物を除いては、企業や団体、個人から寄贈していただいております。大手スーパーや企業、個人経営の食品メーカー、学校法人、寺社、農家、個人の皆様から支援をいただきました。この場をお借りして感謝申し上げます。

 具体的な成果(数量等)については、以下、「Ⅱ 事業実施に関する事項」で報告いたします。

 

Ⅱ 事業実施に関する事項(特定非営利活動に係る事業)

(1)社会福祉施設及び要支援者への支援を行っている団体等への食糧提供事業

   母子支援施設、児童養護施設、自立支援ホーム、子ども食堂の他、炊き出しなどで困窮者への支援活動を行っている団体への食糧の提供を行った。

支援先(入居・利用者数)

支援回数

(回)

食糧提供

量(㎏)

備考

母子生活支援施設 3ヶ所(入居者・利用者数210人)

36回

,280kg

 

児童養護施設/自立支援ホーム 4ヶ所(入居者数200名)

24回

551kg

 

更生保護施設   1ヶ所(入居者数20名)

12回

585kg

 

支援活動団体 7ヶ所(利用者数353名)

36回

,043kg

 

こども食堂   5ヶ所(利用者数230名)

36回

893kg

 

合 計(入居・利用者数合計1,013人)

144回

 

,352kg

 

 

 

【事業概要】

(A)事業の実施日時 

60日

(毎月 第2・4日曜、第1月曜、第2・4火曜、第3水曜、第2木曜ほか)

(B)事業の実施場所 

京都市、宇治市、亀岡市、向日市の各施設・団体

(母子施設3ヶ所、児童養護施設/自立支援ホーム4ヶ所、更生保護施設1ヶ所、支援活動団体7ヶ所、子ども食堂5ヶ所、合計20ヶ所)

(C)従事者の人数  

延べ120人                

(D)受益対象者の範囲

上記施設・団体の入居者・利用者(1,013人)

(E)人数      

延べ3,960人

事業費の金額

,400円

 

(2)行政機関などからの要請に応えて、要支援者への食糧を手配する緊急支援事業

   福祉課や生活支援センターから、困窮状態に陥った市民への支援要請に応えて、できるだけ迅速に緊急支援食糧を届けた。

支援先

支援回数

(回)

食糧提供

量(㎏)

備考

京都府内

31回

,094kg

 

 

 

 

 

合 計

31回

,094kg

 

 

【事業概要】

(A)事業の実施日時

31回(不定期)

(B)事業の実施場所

京都市、宇治市、向日市、八幡市、木津川市、大山崎市、綾部市の行政・支援機関

(C)従事者の人数

延べ31人                 

(D)受益対象者の範囲

行政・機関が支援する困窮者

(E)人数 

延べ62人

事業費の金額

,400円

 

(3)個人、団体、企業からの食糧の引き取り事業

   個人、農産物の生産者、食品生産企業、小売りスーパーの他、学校法人や病院などの災害用備蓄食料、京都マラソンなどのイベントでの余剰食糧など無償で提供していただける食糧の引き取りを行った。

 

食糧提供者・団体など(敬称を省く)

内容など

明石農場

野菜

芦田(農家)

野菜

石田ファーム

野菜

風の里ヤマナカ農場

野菜

()ダイエー

ドライ食品・飲料

京菓子司 都

菓子

京都マラソン

飲料・菓子・果物・パン

国際ソロプチミスト京都

ドライ食品・菓子

コンディトライマウジー

菓子

京果グリーンセンター

野菜

京都ボランティア協会

飲料

ビバスポーツアカデミー南草津店

ドライ食品

矢野食品

こんにゃく

立命館衣笠キャンパス

ドライ食品・災害用備蓄食品

立命館大学大阪いばらきキャンパス

災害用備蓄食品

立命館宇治中学校・高等学校

災害用備蓄食品

立命館大学朱雀キャンパス

災害用備蓄食品

その他スーパー・個人(フードドライブを含む)

ドライ食品・お米・野菜・飲料・菓子

 

【事業概要】

(A)事業の実施日時 

約100回(不定期)

(B)事業の実施場所 

京都府内、長野県、滋賀県

(C)従事者の人数  

延べ30人

(D)受益対象者の範囲

施設・団体の入居者・利用者、行政・機関が支援する困窮者

(E)人数      

延べ4,022人

事業費の金額

,200円

 

(4)支援農産物の確保ための自主農園での生産事業

   無償で貸していただいている農園で、自然農法の専門家の指導を受けながら、より安心な農産物を生産した。

【事業概要】

(A)事業の実施日時 

48日(毎週日曜・月曜)

(B)事業の実施場所 

京都府京都市西京区大原野

(C)従事者の人数  

120人

(D)受益対象者の範囲

施設・団体の入居者・利用者、行政・機関が支援する困窮者

(E)人数      

延べ4,022人

事業費の金額

39,603円

 

(5)その他の活動

  11月 近畿農政局主催のフードバンク活動促進に向けた情報交換会

      食品ロス消滅推進法案の国会院内集会に参加

      京都府農林水産フェスティバルにてフードドライブと周知活動を実施

12月 パナソニック社OB会(松愛会)京都支部にて広報活動

   1月 立命館大学衣笠キャンパスにてフードバンクについてのグループディスカッション実施

      高島屋労働組合京都支部の歳末助け合い募金より農機具の寄贈を受ける

   3月 京都府食品ロス削減府民会議に参加

      ユニバーサルデザイン京都フォーラム2019にてフードドライブと周知活動を実施

 

ミーティングの開催 スタッフ間での情報共有、今後の課題や活動についての意見交換を実施

 

(2019年1月27日、2月24日、3月24日)