『フードバンク京都』のしくみ


 「フードバンク京都」は寄付していただいた食品を福祉施設・団体の協力で、それを必要とする方にお届けしています。ボランティアのみで運営をしており、寄付していただいた食品を集め、それを京都市内を中心に隣接市町村までお届けしています。

 現在、企業や農家、個人の方から寄付していただける食品を受けとり、スタッフで仕分けをし、定期的に施設や団体、子ども食堂などにお届けしています。また、行政や社会福祉協議会など、第三機関を通しての緊急支援も行っています。

 フードバンク京都では、寄付していただいた食品だけではなく、無償で貸していただいている農地を【フードバンク京都農園】として、スタッフで季節に応じた新鮮な野菜も生産しています。そこでは、専門家による農業指導をうけ、化学肥料や農薬を使用しない”自然農法”を取り入れています。収獲された野菜は定期配送や臨時配送、緊急支援も含め、お届けをしています。

※平成29年度、京都市フードバンク等活動支援助成金制度を受けています。